流儀解説 | 大東流合気柔術山本派・無限神刀流居合術について

流儀解説 | 大東流合気柔術山本派・無限神刀流居合術について

流儀解説 | 大東流合気柔術山本角義派・無限神刀流居合術・会津藩伝継小野派一刀流剣術について

長尾宗主
ここでは、我々が取組んでいる大東流合気柔術、小野派一刀流剣術、無限神刀流居合術の三流各々の
流儀解説が記述されています。

流儀解説 | 大東流合気柔術山本派・無限神刀流居合術について記事一覧

 大東流は江戸時代御式内の名で会津藩上級武士、藩士の護身武術として修業され、江戸時代は門外不出とされていた柔術であります。明治前半剣術家であった郷士武田惣角源正義先生が家老西郷頼母の意を受けられ研鑚、それに全国の武者修行で体得した武術と理合を加え完成されたのが今日の大東流合気柔術であります。舊会津藩家老西郷頼母助言指導を受け、明治31年頃より本格的に柔術家として活動を開始され明治、大正、昭和と門弟...

伝系(会津神道精武流) 小笠原城ノ助長政―神尾房祥―井深蔵人―羽島源太左衛門 ―長坂源吾―武田惣右衛門―武田惣角正義―山本一刀斉角義(会津藩伝継小野派一刀流) 伊東一刀斉景久―小野次郎衛門忠明 ―会津藩祖保科正之公より会津へ伝承―注)幕末会津藩剣術師範渋谷東馬 ―明治二年に武田惣角正義―山本一刀斉角義―長尾全祐一刀斉角全(大東流合気柔術山本角義派) 助言指導家老西郷頼母―明治三十一年武田惣角正義―...

 武田惣角源正義先生は明治2年会津藩剣術師範渋谷東馬より小野派一刀流剣術を教伝されました。明治5,6年東京車坂道場にて榊原鍵吉に直心影流剣術を教伝されました。他に会津藩神道精武流剣術、抜刀術も少年期伝承されたものであります。武田惣角先生 明治、大正年代にかけ真剣勝負も数度されたと話されました。(山本角義先生の話による)武田惣角先生は剣術とは音ナシの剣法であると山本に話をされている事、現在剣道のよう...

トップへ戻る